実店舗でのレンタルドレスを借りて返すまでの流れ

レンタルドレスの下見は、非常に重要なポイントとなってきます。なぜなら、この下見の段階で、おおよそのコーディネートがすでに完成段階にあるからです。自分でこだわりを持つことも大切なものですが、ここで重要なのは、スタイリストの意見も参考にすることです。なぜなら、自分だけで考えるコーディネートに比べると、プロのスタイリストのコーディネートは、第3者目線から衣裳の演出をできるからです。

ここで衣装を決めたら、当人の希望により前日あるいは当日の引き渡しとなりますが、ヘアメイクやネイルの予約の方は、当日サロンに自ら出向くことになります。

レンタルドレスの引き渡しは、場合によっては店舗での前日受け取り以外にも、郵送で受け取ることも可能な店舗があります。ただし郵送の場合、送料が本人負担となってしまいますので注意が必要です。店舗での引き渡しの際には、その場で支払いを行います。使用後には、直接店舗に持ち込むか、コンビニなどからの郵送返却も可能なところがあります。

返却の際には、店舗側が商品のチェックを行い、汚れやシミあるいは破損などが起きていないかをスタッフが確認します。問題がなければこれで終了となりますが、返却が遅れた場合には延滞料金がかかることもあります。